人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

チームビルディング研修

チームビルディング研修 プログラム(1日コース) 研修のねらい 一体感・連帯感を持つことが強い組織をつくり、業務の生産性向上に寄与することを理解する チームビルドに必要な、アサーティブ・コミュニケーションの考え方とスキル…

Learn More

Project Detail

チームビルディング研修

プログラム(1日コース)

研修のねらい

  • 一体感・連帯感を持つことが強い組織をつくり、業務の生産性向上に寄与することを理解する
  • チームビルドに必要な、アサーティブ・コミュニケーションの考え方とスキルを習得する

テーマと内容

  1. チームビルディングとコミュニケーション

    1. 資産価値の高い職場風土を目指す
    2. 職場活気度チェック 【チェックリスト】
    3. 職場の一体感・連帯感を高めるための「個々の働きかけ」や「仕組み」【ブレインストーミング】
    4. 強いチームをつくる「チームビルディング力」 【体験学習】
  2. 上司とのコミュニケーション

    1. 自己主張できない理由は何か
    2. 自己を尊重しながらも周りに働きかけられるアサーティブ・コミュニケーション
    3. アサーティブ・コミュニケーションの効果
      • 自分の状況を説明できる
      • 後ろめたい気持ちを持たずに相手にお願いができる
      • 関係性が悪化してもお互いを避けることなく修復できる
    4. なぜ今、アサーティブなのか
  3. 「思い込み」を取り除くことがアサーティブな言動につながる

    1. 自分の中のメンタルブロックをはずす
    2. 物事の見方、考え方の枠組みを変える
      • エリスのABC理論
      • イラショナル・ビリーフ(irrational belief)
  4. アサーティブ・コミュニケーションの基本

    1. Aggressive(攻撃的)とPassive(受け身)との違い
    2. アサーティブ・コミュニケーション3つのポイント
    3. アサーティブなコミュニケーションの基本的特徴
      1. 印象を決定づける3つの要素
      2. 非言語コミュニケーションの特徴
      3. 言語コミュニケーションの特徴
      4. アサーティブなコミュニケーション
        • こんなときアサーティブなコミュニケーションスタイルではこう反応する
        • 言いにくいことを伝えるには
  5. ストレスとうまく付き合う

    1. ストレスコーピング
    2. ストレスが与える悪しき影響
    3. 自分にとってのストレッサーは何か
  6. 場面別アサーティブ・コミュニケーションの実践 【ケーススタディ】

    • <ケース1> WIN-WINのコミュニケーション
    • <ケース2> 相手の納得を得る「No」の伝え方
    • <ケース3> 気持ちよく引き受けてもらえる、お願いの仕方
  7. 思いやりを持って「相手を認める」

    1. 相手を理解するマインドを持つ
    2. 人の心の痛みを知ることが大切
    3. 過去と他人は変わらない
    4. 考え・価値観の違いを認める
    5. 今問われる「人間力」とは何か?
    6. すべての行動に人間力が出る
    7. 自分がこれから大切にしていきたいこと 【個人ワーク】