人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井美保代 ブログ

代表 藤井美保代 ブログ一覧

働き方改革のしわ寄せ

こんな声を耳にすることが増えました。 働き方改革の影響を一番受けているのは、 「管理職」だと。 確かに、管理職世代は「24時間戦えますか?」の リゲインのCMの如く、馬車馬系の傾向ありなので、 ついつい長時間労働を厭わな...
Learn More

応援される力

敬愛する経営者の方が、創業以来12年、 毎月欠かさずスタッフの方々に、 送り続けていらっしゃる、”ラブメッセージ”。 いつも読ませていただくたびに、 はっと気づかされ、背筋がのびる想いです。 今回のメッセージでは、 『応...
Learn More

お金ではなく信用を稼ぐ

話題本、キングコング西野氏の ”革命のファンファーレ”読了。 初版7万部とは、芸人本としては、 異例の発行部数です。 「えんとつの町のプペル」で、 絵本の世界ではメガヒットの30万部を突破し、 新たな価値を創造している西...
Learn More

朝活の効果

「朝2時起きでなんでもできる(枝廣淳子氏)」、という本を 読んだことをきっかけに、朝活を始めて早14年。 私にとっては、朝活で人生が変わった! と言えるほどの、変化がありました。 それまでは、子供を寝かしつけてから仕事に...
Learn More

つもりちがい

以前訪れたお寺に掲げられていた 「つもりちがい10か条」。 高いつもりで低いのが教養 低いつもりで高いのが気位 深いつもりで浅いのが知恵 浅いつもりで深いのが欲望 厚いつもりで薄いのが人情 薄いつもりで厚いのが面皮 強い...
Learn More

教養

今日はこれから終日、 学び時間をいただきます! 自分への投資の1日。 ということで、朝から読書を堪能。 出口治朗氏の「人生を面白くする本物の教養」も 再読しました。 「教養とは人からの評価を高めたり、 ハクをつけたりする...
Learn More

心珠のお話

心友の谷興征(たにたつゆき)さんが、 「心珠のお話」を出版されました。 自分の存在価値を見失っている人や、 自己肯定感の低い人たちが少なくない今の時代、 自身の素晴らしさに改めて気づくためにも、 読んでいただきたい本です...
Learn More

仕事と職業の違い

仕事と職業の違いは何か。 「仕事は目的、職業は手段」。 対話の中で、そんな認識が深まりました。 何のために働き、そして生きるのか。 その答えが「仕事」。 その目的を達成するための手段が「職業」。 目的と手段は、似て非なる...
Learn More

一色一生

染織家で紬織の人間国宝、志村ふくみ氏は、 「一色一生」の如く気持ちで、 植物染料からいかに美しい色を出すかに 真剣に取り組み、そのために 一生を費やすことも辞さない方です。 一昨年、個展に行きましたが、 このような姿勢で...
Learn More

”場”が人を育てる

小惑星探査機「はやぶさ」の開発に携わった 川口淳一郎氏の言葉。 『人材育成というのは経験させることであって、 本や文献を読ませても育たないと思っています。 一番大事なのは、昔の徒弟制度で技術は習うのではなく 盗めといわれ...
Learn More

雑談力

雑談力が高い方とお話していると、 あっという間に時間が経ちます。 話題が次から次へと変わり、 思いもよらない話で盛り上がったり、 話がどんどんと展開したり。 雑談上手な人は、話のキーワードをうまく拾い上げ、 すぐに新しい...
Learn More

静かなる有事

『未来の年表』読了。背筋が凍る本です。 日本は、世界でも前例のない 「少子高齢化社会」に向かっていることは 周知の事実ですが、その実態を 正確に把握している人はほとんどいません。 日本の喫緊の課題は以下の4点。 1つは、...
Learn More

禍福は糾える(あざなえる)縄の如し

「禍福は糾える(あざなえる)縄の如し」 という言葉があります。 縄は二本の紐をより合わせて作りますが、 「人生とは良いことと悪いことが、 あたかも縄のようにより合わさって作られる」 といった意味です。実際に人生では良いこ...
Learn More

モチベーション

昨日はダニエル・ピンク氏の話を取り上げたので、 久しぶりにモチベーション3.oを読み返しました。 創造力が求められる今の時代において、 『モチベーション2.0』的な成果主義では、 人のやる気をうまく引き出せない。 今後は...
Learn More

459回目の成功確率

昨夜は、ユーグレナ出雲社長の講演を聴きました。 東大発ベンチャー企業として、 初めて東証一部上場した会社であり、 出雲社長はいつも、ミドリムシをイメージさせる 緑色のネクタイを締めていらっしゃいます。 久しぶりに感動し涙...
Learn More

黄金の15分

忙しいとついやってしまう。 しかし、低いパフォーマンスしか得られないのが、 ”1日の予定を隙間なく埋めてしまう”こと。 準備も振り返りも行う暇なく、ドドドドーっと 次の予定に向かっては、 質の高い時間の使い方とは言えませ...
Learn More

OPTION B

連休中に読んだ「OPTION B」。 フェイスブックCOOの シェリル・サンドバーグ氏と 心理学者アダム・グラント氏の共著です。 前著、『LEAN IN』の後、 シェリルは休暇中に、最愛の夫を失います。 フェイスブック最...
Learn More

誰も見ていなくても

『禅語エッセイ』は折に触れ読み返す、愛読書です。 自分を省みて、気付かされることも多くあります。 今日開いたページに書いていた言葉も、 とっても響くものでした。 以下、引用させていただきます。 誰かのために頑張ることは尊...
Learn More

やる気を迎えに行く!

大きな塊の仕事って、 ついつい先送りにしたり、 やる気が出なくて 先延ばししてしまう事がありますが ”まずは5分だけやってみる”を実行してみることで、 思いがけずはかどるものです。 「やる気が出ない」のではなく、 やり始...
Learn More

PQ(ポジティブ・インテリジェンス)

PQとは「ポジティブ・インテリジェンス」。 ポジティブ思考の知能指数とも言うべき能力のことで、 ハーバード大学でも人気だった、 ポジティブ心理学に関わっていた、 ショーン・エイカー氏が伝えています。 IQ,EQ,SQは聞...
Learn More

ホメオスタシス

人間に備わっているホメオスタシス(恒常性)。 ケガをしたら修復し、風邪をひいたら熱が出て汗をかき、 ウイルスが侵入したら、免疫システムが病原菌を攻撃する。 体を普段の状態に戻そうとするこの力のおかげで、 健康に生きていけ...
Learn More

人は縁の中で生きる

『生きているということは、 誰かに借りをつくること 生きているということは、 その借りを返していくこと 誰かに借りたら、誰かに返そう 誰かにそうしてもらったように、 誰かにそうしてあげよう 誰かと手をつなぐことは、 その...
Learn More

AIがもたらすこと

本格的なAI時代到来は、2020年。 そんな記事を読みました。 『スマートフォンのように、 新しいテクノロジーが脚光を浴びて、 「当たり前」になるまでには、 およそ7年かかると言われているが、 AIブームのきっかけである...
Learn More

指は自分に

「自分が失敗したと感じたことと、 どう向き合うかは大切だと思う。 人との付き合いにも当てはまると思うが、 うまくいかなかった原因をどこに向けるのか。 うまくいかなかった原因を、最初に自分以外の 第三者に求めてしまう人はな...
Learn More

脳の仕組みを知る

医療現場で脳のリハビリに従事し、 脳科学の知見を深めてきた 作業療法士、菅原洋平さんの 執筆記事は、実践的で面白いです。 脳の基本は、「脳は臓器である」 ということをまずはちゃんと認識すること。 胃がもたれるなあ、と感じ...
Learn More

自力と他力

高野山で、”自分の拠りどころを見つめる” 豊かな時間を過ごし、1週間が経ちました。 分刻みで慌ただしく過ぎていく日常は、 思考が常に動いていますが、 高野山の時間は、「今ここ」に 瞬間瞬間向き合える、とても贅沢な時間でし...
Learn More

本質を突いた言葉

「九つまで満ち足りていて、 十のうち一つだけしか 不満がない時でさえ、 人間はまずその不満を 真っ先に口からだし、 文句を言い続けるものなのだ。 自分を顧みてつくづくそう思う。 なぜわたしたちは不満を後まわしにし、 感謝...
Learn More

解釈力

眼の前に起こった出来事に対して、 自分はどのような解釈をするのか? この「解釈力」が人生を決めるといっても 過言ではありません。 逆境やトラブルのとき、 ついつい天を恨んだり、周りのせいに したくなります。 しかし、解釈...
Learn More

人とのご縁

17年前、個人事業をスタートしたばかりの頃、 とてもお世話になった、宇部の社長と専務。 独立したばかりで、実績もほとんどない状況でしたが、 「君にリーダー育成を任せる」ということで、 スタッフの育成を全面的に任せて下さい...
Learn More

満足度

内閣府が調査した、2017年度の 「国民生活に関する世論調査」によると、 現在の生活について「満足している」か 「まあ満足している」と答えた人は合わせて73.9%で、 調査を開始した昭和38年以来、 最も高くなりました。...
Learn More
1 2 3 5