人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

ファイリング実践研修

ファイリング実践研修 プログラム(1日コース) 研修のねらい 業務の流れに即した、文書環境の整え方を学ぶ ワークを通して、ファイリングの具体的な進め方を習得する 自らの課題として、率先してチームのデータ管理能力を磨く姿勢…

Learn More

Project Detail

ファイリング実践研修

プログラム(1日コース)

研修のねらい

  • 業務の流れに即した、文書環境の整え方を学ぶ
  • ワークを通して、ファイリングの具体的な進め方を習得する
  • 自らの課題として、率先してチームのデータ管理能力を磨く姿勢を身につける

テーマと内容

  1. 今なぜファイリングなのか?

    1. ペーパーレス !? 書類の増殖が止まらない
    2. 「業務の品質」向上を実現するファイリング
      • 書類の再利用率は?
      • ファイリングでミスに強い組織をつくる
    3. あなたのファイリング力は? 【チェックリスト】
    4. 課題を見える化する 【グループワーク】
  2. ファイリング3つの柱の理解

    1. 合言葉は「捨てる・決める・守る」
    2. 書類のライフサイクルに沿って考える
    3. 鮮度を保った書類の共有
    4. 保管と保存に線を引く
      • 目的に合わせた道具を使う
      • 一目で分かるラベリング
    5. 情報を滞らせずフロー化する
  3. デジタルデータのファイリング

    1. デジタルデータこそ“断捨離”が必要
    2. ファイルが迷子にならないデータ管理
      • デスクトップの整理整頓
      • エクスプローラーの活用
    3. ファイル/フォルダ名の付け方が決め手
    4. 引継ぎを容易にするフォルダの階層構造
    5. 共有ファイルの管理方法
  4. ファイリングを始めよう

    1. 「なぜファイリングを実施するのか?」を明らかにする 【個人ワーク】
    2. チーム・組織でファイリングに取り組む
      • ファイリングを職場に浸透させる 【ケーススタディ】
    3. ファイリングのスケジュールを組む 【個人ワーク】
    4. ファイリングを通して業務を適正化する
    5. ファイリングに関わるコストを意識する
  5. ファイリングと5Sを連動させる

    1. 業績の向上に連動する5S
    2. 「5S」は片付け・大掃除ではない
    3. 5Sをファイリングに連動させる
      • デスク周りの戦略基地化
      • キャビネットの活性化
    4. 5Sの工夫・実践アイディアを共有 【ブレーンストーミング】
  6. ファイリングに情報整理の視点を組み込む

    1. 情報があふれる時代の取捨選択
    2. 職場コミュニケーションとファイリング
      • ルールを守り習慣化する
      • 仕事の属人化からチーム力の向上へ
    3. 今日から始める実行宣言 【個人ワーク】