人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

エフォートレス思考

わたしのバイブル「エッセンシャル思考」の著者、
グレッグ・マキューン氏の新著「エフォートレス思考」。
年末に購入したきり、kindleで積読になっていましたが、
昨日の1On1で話題に上り、そうだそうだと思い出し、
早速読みました!

エフォートレスな精神とは、肉体的にも精神的にも
疲れがなく、エネルギーに満ちた状態。
精神が研ぎ澄まされ、隅々まで注意が行きわたる。
いまここを味わい、大事なタスクに集中することが可能になる。

この対極にあるのが、最高の成果を上げるために必死で頑張り、
限界まで自分を追い込む。
しかし、努力が実を結ぶとは限らない。
それどころか頑張ほどに疲弊してしまう。

いちばん重要なことを、いちばん簡単なやり方でやる。
そうすれば、余裕で思い通りの成果が出せる。
そんなことが1章には書かれています。

エフォートレスな状態を創るために大事なこと。
たくさんありましたが、印象に残ったことを書き出してみます!

・いやなことを我慢するより、楽しくできるやり方を探す
 仕事も遊びも楽しくやる!
・習慣は「何を」やるか、儀式は「どのように」やるか
 退屈なタスクにちょっとした遊びを加えるだけで、タスクそのものが
 楽しみに変わる。そうすれば私たちはもっと自然にエフォートレスに
 生きられる
・頭の中の不用品(ネガティブな感情)を手放す
・休みで脳をリセットする
・深い眠りを確保する
・今この瞬間にフォーカスする
・ゴールを明確にイメージする
・はじめの一歩を身軽に踏み出す
・手順を限界まで減らす
・よい失敗を積み重ねる
・やることの上限を決める
・読書はこの世でもっともレバレッジの高い活動
・チェックリストなど勝手に回る仕組みをつくる

いやあ、読みごたえあり。
まだ半分位しか読んでいませんが、
「楽しむ」「勝手に回る仕組みづくり」「はじめの一歩を身軽に踏み出す」は、
やれている感あり。
しかし、そもそもの馬車馬気質を手放さないことには、
エフォートレスな状態は難しいかも・・。