人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

ダニエル・ピンク氏すごい!

久しぶりにダニエル・ピンク氏の、
『ハイコンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代』(大前研一訳)
を読み返しました。この本もバイブルの一つ。
14年前の本ですが、古さを感じません。

これからの時代をリードするのは、
何かを創造できる人や他人と共感できる人、
パターン認識に優れた人、そして物事に意義を見出せる人だ。

これまでの経済や社会は、「情報化の時代」の
ロジカルで直線的で、まるでコンピューターのような
能力を基盤に築かれたものだった。
だが、これからは、創意や共感、そして総括的展望を
持つことによって、社会や経済が築かれる時代、
すなわち「コンセプトの時代」がやってくる。
その新しい時代を動かしていく力は、
これまでとは違った新しい思考やアプローチであり、
そこで重要になるのが「ハイ・コンセプト」「ハイ・タッチ」である。

「ハイ・コンセプト」とは、パターンやチャンスを見出す能力、
芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力、
人を納得させる話のできる能力、
一見ばらばらな概念を組み合わせて何か新しい構想や概念を
生み出す能力、などだ。

「ハイ・タッチ」とは、他人と共感する能力、
人間関係の機微を感じ取る能力、自らに喜びを見出し、
また、他の人々が喜びを見つける手助けをする能力、
そしてごく日常的な出来事についても、
その目的や意義を追求する能力などだ。
かつては軽視され、取るに足らないものだとみなされた能力、
つまり創作力や共感、喜び、意義といった「右脳的」な特質が、
これからの世の中で大きく飛躍できるか、もがき苦しむことになるかを
決める重要な要素になってくる。

ダニエル・ピンク恐るべし。
いよいよこんな時代が到来したことを感じます!