人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

年代ごとの「捨てる」

出どころ不明ですが、キャリア関連の本に掲載されていたはず。

『20代は自分の力をつける時期なので、
とにかく現場を経験することが大切である。
好き嫌いに関係なく、何事にも貪欲にトライしてみる。
先入観や既成概念を捨て、将来、
それが仕事の役に立とうが立つまいが、
自分の可能性を狭めずに仕事や興味の範囲を
広げることが逆に将来につながっていく』。

『30代は20代で経験したことや自分の希望、
実力などを鑑みて、得意分野、得意技を
絞り込んでいくことが重要である』。

『40代はそれまでに培った強みを実戦で生かし、
いよいよ成果を出していく時期である。
会社も顧客も、この年代に期待するのは
素質や伸びしろではなく、きっちりと結果を出せる能力である。
40代がビジネスパーソンにとって、最も大変な時期といえるが、
私欲を捨てて仕事に邁進すべきである』。

『50代以降は仕事を次世代に引き継いでいく時期。
個人の手柄を捨てて、それらを部下に渡そう。
この年代になると、部下がどれだけあなたを支持してくれるか、
どれだけのリーダーシップを発揮できるかが
あなたの評価につながる。
部下に仕事を少しずつ引き継ぎ、
プライベートライフの比重を上げていく時期でもある』。

20代は、「既成概念」を、30代は「得意分野以外のこと」を、
40代は「私欲」を、50代以降は「個人の手柄」を、捨てていく。
最近「捨てる」に敏感です!