人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

微差が大差に!

先日、経済同友会の会合でお聞きした、
金工作家でもあり前文化庁長官、宮田氏のお話。
面白すぎてあっという間の時間でした。

「ちょっと工夫することで、結果はまったく違ったものになる」。
ま、いっか、は禁物だと痛感した次第です。

印象に残ったのは、『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」8資産一括で、
世界文化遺産への登録が認められた時のお話!
6年前に訪れただけに、興味もひとしお。

当時、諮問機関イコモスの勧告では、沖ノ島周辺の4資産だけの登録だったの
が、「8つで一つの海洋信仰であり文化だ」と論ずる日本側の一括登録主張に
理解を示し、承認。この背景には、日本側関係者らのロビー活動が功を奏した
とのことです。

この際、宮田氏は明日に出発を控え、コンビニに行ってA3用紙をゲット。
(コピー機でスタートボタンだけを押し、手に入れたというのが面白い!)
ここに8資産を絵にかき、これを審査会場のロビーで見せながら、
「これで一体だ」ということを、訴えたのだそうです。
この絵の写真を見せていただきましたが、なんとも素晴らしい。
最後まであきらめず、自分にできることで力を尽くす。
そして、このようなちょっとした工夫が審査員の心を掴み、大きな結果に
つながるのだと感動しました。


「鼻歌まじりで命がけ」
という最後の言葉も印象的でした。
力を入れず、しかし命がけでコトにあたる。

講演のあとの質問で、「文化財は観てもらってこそ価値があるが、
コロナ禍においてそれが叶わない中、どのようなことが必要だと思われるか?」
という質問に、「動けないからこそ、身近なものを改めて見直してみることが
大事。今この時期だからこそ、文化財の修復に力を入れたい」とおっしゃって
いました。身近なところにこそ、磨きをかけることで、お宝になるものが、
あるはず!