人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

うつぐみの心

先週末、沖縄の離島である、
石垣島と竹富島に初めて行ってきました。
どちらもゆーるい空気感。
人々のホスピタリティあふれる対応に、
癒されること多し。
しかし、一本筋が通った厳しさも、
感じられる旅でした。

特に竹富島には、古き良き日本の原風景のような、
景色が広がっています。
牛車で周遊するのは、真っ白な砂を敷き詰めた小道。
赤い瓦屋根とサンゴでできた石垣。
そして、濃いピンクが鮮やかなブーゲンビリアが
咲き乱れています。
青い空とのコントラストがあまりに美しく、
この風景にすっかり魅せられました。

港ちかくにある、島の歴史と伝統を展示している
ゆがふ館の方に、島のことを
いろいろと教えていただきました。

「うつぐみの精神」。
“うつぐみ”とはみんなで協力する心。
自然の影響を受けやすい周囲9.2kmほどの小さな島では、
人と人との協力や繋がりなくして、
日々の暮らしは立ちゆきません。
そういった自然環境の厳しさがあったから、
生まれた精神性のこと。

また、祖先から受け継いだ伝統文化と、
美しい自然環境を後世へ引き継いでいくために
竹富島憲章が定められています。

保全優先の基本理念であり、『売らない』
『汚さない』、『乱さない』、『壊さない』
『生かす』という5つの基本理念がベースです。
自分の持っている土地であったとしても、
独断で売ることはできません。

こうしたことを大事にされているからこそ、
この美しい、竹富島が今なおあるのだなあ、
と思います。

今回は日帰りでの慌ただしい訪問でしたが、
次回は民宿に泊まり、島の方の話を聞きながら、
代々島に受け継がれてきた島の文化や伝統に対して、
理解を深めていきたい、と思うのでした。