人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

リモハラ

今日は節分。124年ぶりの2月2日の節分だそうです。
明日は立春、いよいよ春来る、ですね!

さて、リモハラなる言葉を耳にすることが増えました。
なんでもハラスメントをつけるのか・・。と思いつつ、
日経電子版の記事に目を通す。

「リモートワーク下で、上司が部下の背景に映り込む自室の様子について
口を出すといった行為は、典型的なリモハラです。
事件化しているケースはまだありませんが、よくあるケースです」

→えええ!まずい・・。やってしまっています・・。
背景といえば、ipadで参加する場合は、気づかぬうちにカメラが反転してしまい、
映すつもりのなかった背景が映り込むこともあるようですので、要注意。
そこで「うわー、かわいいぬいぐるみが映っているよー!」と言ってしまったら、
これまたリモハラか?
雑談が極端に減っていると言われる中で、リモハラと雑談の境界線も難しいところ。

「懇親会はお店でやるもので、部下は帰りたいときには理由をつけて帰ることができた。
2次会に行けば、上司が多めに支払いをしてくれたりもした。
ところが、リモートではそうはいかない。リモートの飲み会は抜けづらいし、
費用の面でも割り勘です。こうした点に配慮がないケースも、リモハラと言えるでしょう」

これまたよく聞く話です。
抜けづらいというのは確かにツライ。
なかなか言い出せないものなのでしょうかねえ。
これは上司の配慮も必要ですね。

こうしてイタイ経験も積みながら、学習していくのだなあ、と思います!