人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

News & Topics

「女性目線」のソリューションがサービス革新を生む(コラム2017/01/12)

8社ものTV取材を受けた話題沸騰のコインランドリーがあります。それは、神戸市にある株式会社クレシアが運営している「ほっと倶楽部」です。この会社がすごいところは既存のコインランドリーのサービス概念を百八十度転換したことにあります。一般的なコインランドリーとの違いを下記の比較表にしました。一般的なコインランドリーでは男性も女性も取り込む全顧客ターゲットです。一方、ほっと倶楽部は女性専用であり、女性目線でサービスを作り直しています。
この手法は異業種においても大変参考になる事例であり、注目に値するのは「4つの安心」による差別化にあります。①エコランドリーはもとより、②女性スタッフが常駐することで安心して洗濯できること、③洗濯しない生活を届ける「洗濯代行(集配・お預かり)サービス、④1回利用の度に洗浄・消毒を実施する清潔の徹底度、まで発案したことに驚嘆します。商店からコンビニへ発展したように、一般的なコインランドリーやクリーニング店をトータルパッケージサービスとして提供することがほっと倶楽部の経営の真骨頂と言えます。
(図1)一般的なコインランドリーと「ほっと倶楽部」比較~(HPより編集加工)http://cl-hotclub.com/

商品においても、サービスにおいても企業が顧客に提供するのはソリューションです。平成26年7月「経済産業省経済産業政策局」によると、家計支出のうち妻の意思決定割合は、日本では74%という調査結果です(世界では64%)。ソリューションにおいて、女性目線で考えることは不可欠の時代です。「女性目線で見直し」→「コンセプトの構築」→「特徴の絞り込み(差別化)」→「トータルパッケージサービスとして付加価値の提供」――この一連の流れは女性をターゲットとした企業の商品・サービス革新を生む、応用すべきフロー概念です。