人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

午前中を有効に使う!

1日の中で、生産性が

上がる時間帯、落ちる時間帯があります。

最も生産性が上がるのは、

午前10時から正午まで。

 

とはいえ、勤務時間が

9時半~18時であれば、

午前中は2時間半しかなく、

勤務時間のたった3割です。

仮に8時30分~17時の勤務時間とし、

昼食を12時30分以降にすると、

午前は4時間となり、

勤務時間の半分以上を

集中力の高まる時間として、

確保できます。

 

給食前に、通常より1時間多い

授業を行う”午前5時間制”に

取り組んでいる小学校もあります。

子どもの集中力が高い午前中を活用し、

学力向上を目指す試みです。

 

 

『午後にゆとりが生まれ、

教員の多忙感も解消できる』

との声も聞かれます。

登校時刻は同じだが、

なわとびや朝の読書などの

授業前の活動をやめ、

1時間目の開始を

25分早めて午前8時15分に。

給食は5時間目終了の

12時半からです。

ずいぶん勉強しやすくなった、

という声も挙がっています。

 

 

私は朝を活用することで、

人生がより良く豊かになったので、

このように朝を活用する

取り組みが増えるのは、

嬉しいことです。