人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然
NEW!

経営の原理原則

東京へ向かうのぞみ車中です。
今日からしばらく東京暮らしです!

さて、先日お聞きした小宮一慶氏のお話。
経営の原理原則、というテーマで90分。
メモメモ、納得!しかし、大事なことは実践。
「なるほどわかった」「ああ、いい話だった」、
だけでは意味なし、だと最後に締められました。

小宮氏曰く、良い会社とは、
「お客様が喜び、働く周りの仲間が喜び、高収益の会社」。
経営者の役割は、「企業の方向づけ、資源の最適配分、人を動かす」。
そして、何より大事なことは、経営者が正しい考え方を持つこと。

では、何を持って正しい考え方とするのか?
それは、論語や老子、儒教、仏教、キリスト教はじめ、
何千年も前から、人の道として伝えられてきたことを
学び実践すること。
これらは、人生や経営を成功させる根幹なのだといいます。

日本の経済は、1990年代から実質的に成長が止まっている。
メトロの初乗りもほぼ変わらず、新卒初任給もこの頃とほぼ同じ。
しかし、アメリカのGDPは6兆ドルから20兆ドルへ、
中国は1兆ドルから14兆ドルへ。
日本は5兆ドルで、ほぼストップ。

なぜか?仮説だけれども、ということでおっしゃったのは、
1990年代、戦前教育を受けたリーダーたちが、
どんどんリタイアしていった。
修身や愛国教育は、戦後すべて消されてしまったが、
こういった教育を受けていないリーダーたちの時代が、これ以降。
バブル崩壊の影響も大きいものの、人間力を持ったリーダー不在の時代、
というのも実は影響しているのではないかと。

「生成発展」という言葉も印象的でした。
宇宙は、秩序を保ちながら成長し続けている。
ライバルを蹴落とす、自分だけが良ければではなく、
「まずは自分が生成発展すること」。
そのことによって、なれる最高の自分になること。
この程度でいいか、こんなものでいいか、というのは、
宇宙の真理に反するのですね!