人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

多動力

堀江貴文氏の「多動力」読了。
ずいぶんと売れているようですので、
読んでみました。

多動力とは、
いくつもの異なることを
同時にこなす力のこと。

・多動力がある人は、次から次に興味が移り変わってしまい、
 まったくもって落ち着きがない
・モノは忘れる、なくす、不注意でケガさえもしてしまう
・やるべきことをしていないのに、やりたいことばかりしてしまう。

なんだかマイナスの要素が強そうな印象ですが、
これからの時代は、多動力こそがもっとも必要な能力だと、
堀江氏は説きます。
インターネットの時代では
「オープンイノベーション」が前提となり、
あらゆる産業の「縦の壁」が溶けてしまう。

たとえば、新しいプログラムコードを作ったのならば、
それを公開し、みんなで改良したり、
新しい組み合わせを考え、さらに新しいもの
を作るのが「オープンイノベーション」。

『こんな時代においては、
情報それ自体の価値はなくなる。
とにかくチャレンジしようという、
行動力と、アイデアを進化させる力が求められる』。

というくだりには納得しました。
しかし、自分はどちらかというと、
以下の傾向強しです。

「一つひとつの仕事に全力投球せねば不誠実だ」と
考えるバカ真面目が、あまりにも多いことに驚く。
そういう人間ほど仕事が遅く量も質も悪かったりするから
タチが悪い(ギクリ・・)。

相変わらずバッサバッサとキレ味鋭く、
吠えていて、やっぱりとっても面白い本でした!