人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

歴史を語る

今日は月に一度のスタッフ勉強会。
毎月、情報交換やケーススタディなど、
いろんな切り口で進めていきます。

今回は「お客様との歴史を知りたい」という
リクエストがありました。
ご縁をいただいた数々の出来事に、、
朝から想いを馳せていました。

「藤井先生、事務改善のセミナーはできませんか?」
16年前の夜22時過ぎ。
まだ赤ちゃんだった娘が寝付かないなあ、と
抱っこしていた時に、かかってきた1本の電話。
セミナー会社の企画担当の方からでした。
22時に仕事の電話がかってくるなんてことは、
この頃はしょっちゅうありました(笑)。

担当の方曰く、
「製造現場の改善を語れる先生はいらっしゃるのですが、
事務部門の改善を語る方はいない。
是非これを体系化していただき、事務改善セミナーをやりましょう!」

熱い想いで語って下さる担当者。
事務改善?整理整頓や細かいことが苦手な私が何を?
現場を知らない私が何を?
そもそも改善って???

頭に?マークがいっぱい飛び交いましたが、
相手の方の熱意に私も「はい!やらせてください!」と
返事していたのでした・・。

そこからはプレッシャーと後悔の日々。
学び、知り、探究すればするほど深い、深すぎる!
どうする、これ?
独立したばかりで頼る人もほとんどなし。
さらには、公開セミナーに登壇するのも初めてなので、
人気講師の方々のセミナーに参加すればするほど、自信喪失。

そして迎えた初登壇の日。
50人近くの方が集まって下さいましたが、
名簿を見てまたまた卒倒しかけたのでした。
まさに総務や事務のプロばかり。
こんな人々を前に私が何を・・
萎えそうになる心を「いやいや1年近く準備してきたのだから」と
言い聞かせ、なんとか無事に終了。
15年前の懐かしい思い出です。

この方をはじめ、経験も実績もほどんどない私に
こんなチャンスを下さった方々がいて下さったこそ、
の連続だったと、改めて感謝の想いが沸き上がってきます。

人がチャンスを運んでくださり、
人との出逢いが人生を変えるきっかけになる。
昔を思い起こせる、ありがたい機会をいただけました。