人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

付箋を活用

月曜の朝は早起きして、1週間の段取りをするところからスタートです。
合間にごみ出し、朝食、身支度と、このメリハリがいい感じ。
さて、一段落し体重計に乗ってみる。
うぎゃー、1.2キロ増。来週は人間ドック・・。
今年は数値改善間違いなしと楽しみにしていましたが、このままではまずい。
ということで、早速付箋に目標体重を目につくところに
見える化したのでした。これで節制行動につながるはず。

忘れ防止や意識の啓蒙に付箋は便利。
思考の整理にも使えます。
いろんなやり方を試してきましたが、
最近は付箋管理法に落ち着いている感じです。

心理学者のダニエル・レヴィティン博士曰く、
思考整理の前に「脳の情報整理」が大事だといいます。
私たちの脳には、仕事に関連するものから、
SNSメッセージまで、膨大な情報が押し寄せている。
しかし、脳が意識を向けられる限界は、1秒に120ビットの情報。
1日に処理できる量には限りがあるので、
ますは情報を効果的に整理するステップが重要。

【情報を整理するステップ】
1.思考が浮かんだらすぐに書きとめる
2.書いた思考は仕分けておく
3.場違いなアイデアも捨てずに保管する
4.5分でできることは即着手

まずは、書き留めることって大事だと。
書き出すのに博士が勧めるサイズは、ポケットや財布に入る3×5インチ。
1つの思考につき、1枚の付箋やカードを使うと後で整理しやすい。
似た内容をまとめたり、用が済んだらそれだけを捨てたりできるのだと。

書いて分類したものは毎日、決まった時間に見返して
優先順位を変えたり、新しく浮かんだことを加えたりするのが大事なのだといいます。
もちろん、些細なTO DOは書くまでもなく、その場で片付けていく5分ルールで処理。

いろんなやり方があるのですね!