人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

「使う!ロジカル・シンキング」の本

3月がスタートしました!
今日は20度近くまで気温も上がるようで、
暖かい1日になりそうですね。

さて、おすし師匠こと久保田康司先生が、
ロジカル・シンキングの本を出版されました。
先生はロジカルトランプの開発者でもあり、私も以前受講しましたが、
論理的思考力を高める画期的なラーニングツール!
楽しく頭を使いながら学ぶことができます。

この本の冒頭に「知っていても使えなければ意味がない」とありますが、まさに。
学んでも使えなかった人や、ロジカル・シンキングに苦手意識を持っている人が、
「使える」ために、具体的な事例を挙げながら展開されています。
随所に会話例が挙がっているのも、とてもわかりやすいです。

ロジカルとは、話の筋が通っていることであり、
話の筋を通すには、はじめから終わりまでがつながっていることが大事。
但し、自分勝手にものごとをつなげてしまうのではなく、
決まった法則に従ってつなげること。
法則はたくさんあるが、この本では「三角ロジック」「MECE」「フレームワーク」を活用。

印象に残ったのは「ロジカル・シンキングは正しく考えることであり、
正しく決めることではない」、という一文。
意思決定するための貴重な情報ではあるが、最終的な判断をするのは
倫理観・善悪・感情やその他さまざまな影響なども考えて、
判断することが大事です。

VUCA時代の問題解決時はもちろん、
日々の伝え方、文書作成にも使えること、間違いなし!です。