人財育成・企業内研修・公開セミナー・女性の立体自立支援の株式会社ビジネスプラスサポート

代表 藤井 美保代 ブログ

日々徒然

体内時計

さきほど高松に入りました。
うどん県に来たからには、うどんを、と
思いましたが、残念ながらホテル近くの
お店はすでに閉まっていました、残念!

さて、今宵の経済同友会例会では、
「体内時計」について、
京都府立医科大学大学院の八木田先生が
お話下さいました。

地球の自転周期に近い周期を生体内に作り出し、
朝や夜が来るのを予測する、生物装置の体内時計。
これは全身の細胞に存在し、リズムを調節してくれます。

しかし、不規則な生活が体内時計をかく乱し、
サーカディアンリズム(概日リズム)障害を
引き起こし、様々な疾病のリスクを高めます。
とはいえ、グローバルな現代社会は24時間社会。
不規則な状況をゼロにはできないけれども、
体内時計を整えるためには、
3つの方法が効果的!ということです。

1.午前中の光を浴びて、昼間は体を動かすこと。
2.規則正しい食事。食事は体内時計の調節薬。
  特に朝食をしかり取ることで、昼間の交感神経を活性化。
3.就寝前のPCやスマホ、テレビを控えることで、
  これらの青い光が、眠りを妨げることを防ぐ。

ついつい寝る前にスマホでニュースチェックや
SNSを見てしまいますが、まずはこの習慣とおさらば、です!